日本を代表するスムージー専門家 

 

平野 奈津が

 

新しい果物の楽しみ方を提案する

 

【 スムージー専門店 DRINK DRANK 】

 

 スムージーを追求し続けて22年

 

本物を味わいたい人のための

 

クラフトスムージー専門店

 

 

美味しさをギュッと詰め込んだ濃厚リッチな味わいで

 

≪まるで果物を丸ごとかじっているような≫

 

本物のスムージーを体験できる専門店で

 

■ DRINK DRANK3つのこだわり ■

こだわりを追求して21年

 

3つのことを、ていねいに、ていねいに。

①【素材】品質にこだわりを求める

太陽の陽射しと豊かな水と緑の恩恵を受けて育った、おいしい「旬

 

の味」。産地にはこだわりを持って食材を丁寧に厳選しています。

 

地元・奈良の自然豊かなこの土地の果物は、本当に美味しいものば

 

かり。しかし、味と品質で選んだ結果、奈良を飛び出し、時には日

 

本を飛び出し、海外まで果物を探しに行くこともあります。

②【レシピ】微妙なレシピ調整

果物は自然の恵みなのでどうしても個体差があります。「果物自身

 

が胸をはって美味しさを主張」できるように、10g、10cc単位で

 

丁寧にレシピを調整して、果物の美味しさをギュッと詰め込んだ本

 

当に美味しいスムージーとしてお届けしています。

③【製法】ふんわりなめらか製法

行程ごとに「表情を変える果物」をよく観察しながら、スムージー

 

専用のブレンダーで低速と高速のミキシングを使い分けて、丁寧に

 

たくさんの空気を含ませてふんわりとなめらかさを追求。また、濃

 

厚でリッチな味わいを表現するため、少し果肉の食感を残した、ま

 

るで丸ごとの果実を食べているかのような、今までにない贅沢感を

 

感じられるスムージーに仕上げています。

少しでも環境にやさしいお店づくりを目指して

私たちがお店を運営していくにあたり、大切にしていることは「地

 

域に愛されること」です。「自分たちさえ良ければいい」という考

 

え方ではなく、一緒にその地域を盛り上げられる役割をしたいと考

 

えています。

 

 

その一環としてやはり「環境」のことも考えないといけない。「私

 

たちが生きている間さえ良ければいい」ということではなく、未来

 

の人たちに向けて、いま、ほんの少しでも取り組んでおかないとい

 

けないと思っています。

①脱プラスティックとして「オリジナル紙コップ」

②原料が「さとうきび」のストロー

■■ 平野奈津プロフィール ■■

スムージーを作り続けて21年

 

日本代表スムージー専門家

 

奈良生まれ。

21年前に米国発祥の「スムージー」に魅了され、それまで勤めていた飲食企業をあっさり退社して、奈良の春日大社に続く三条通りに「スムージー専門店 DRINK DRANK」を開業。案の定、最初はお客様には認知されず、悩む日々を送る。徐々に日本でスムージーが認知されるようになると、全国からお客様が足を運ぶ人気店に。開業以来、25万杯以上のスムージーを作り続けているスキルを活かし、スムージー店プロデュース、飲食店起業に向けたレシピ開発などを精力的に行う。メイドインジャパンの果物を使った日本発のスムージーを全世界の人に楽しんでもらいたい夢を実現させるため、多岐にわたって活動中。

 

1999年 スムージー専門店DRINK DRANK 奈良三条本店 開業

2009年 野菜ソムリエ取得。

2013年 初のレシピ本『人気カフェのスムージーが自宅で作れる!かんたんレシピ122』を発売。海外版も合わせて累計6万部を越え、現在台湾版、中国版、韓国版が5カ国にて販売される。

           

 

★ 平野奈津の著書 ★

 

人気カフェのスムージーが自宅で作れる!

 

簡単レシピ122

現状の自粛生活で少しでもお家時間が楽しくなる1冊。1日1レシピ作って「スムージーチャレンジ」するのもあり。小さなお子様と一緒にワイワイ言いながら「自由研究」的にするのもあり。せっかくだから、この自粛生活期間を楽しんでみませんか?

 

お家でも気軽に、楽しくスムージーを楽しんでほしいと思い今までのレシピをお家用に変更したり、新たに開発したレシピです。レシピを考えることが楽しすぎて122個も作ってしまいました(笑)。ぜひ、トライしてみてください!(本人談)

■ 平野奈津へのお仕事依頼はこちら ■